大阪の演劇集団「浪花グランドロマン」のサイトです。

音二郎さんから出本さん繋がれたバトンですが、ちょっとお邪魔します。

サトーエミです。

嬉しかったことがありました。
こんな時代なので差入れしないでねぇって言ったら
友達が素敵なものをくれました。
本番が近づいてきてどきどきが止まらない日々ですが、稽古でやってきたことを信じてお客様に届けようと改めて思えた出来事でした。

本番までもう少しあります。
心を込めて演じますのでご来場お待ちしております。

ではでは、出本さんにバトンをお渡ししますね

どうも、明らかに「花どこ」のオマージュでおま、な今回嫁役をしていただくめりさんからバトンを引き継ぎました響です。

浪花グランドロマンの稽古場は阪和線で天王寺から一つ下った美章園というところにあります。これは稽古前の腹ごしらえに天王寺の駅構内の駅そばに寄った時の話。

みなさん駅そばって好きですか?子供の頃阪和線沿線で育った私は特に天王寺の駅そばに憧れみたいなものを抱いていて、稽古場が移転した際には「絶対に機会を見つけて稽古前に食べにこよう」と心に決めてたんですね。そして先日、幸いにも稽古前に時間的余裕もあったので立ち寄ることができました。前回試みたときはコロナで閉まってました。

私、券売機前で少し迷ったんですがその日急激に秋の寒さが訪れたということもあり、「うん、かき揚げ蕎麦を食べよう」と思ったわけです。普通、駅そばのかき揚げ蕎麦ってすでに揚がっているかき揚げをのっけるのがスタイルじゃないですか?1,2分で出来上がってくるじゃないですか?……それが違ったんです。

折悪しく、僅差で前売り券を購入したおじさんもかき揚げうどんを注文したようでした。まさかのかき揚げ連荘です。そして私、店内に店員さんが一人しかいないことに少し嫌な予感がしたんです。そう、その店員さんは注文の券を見た途端溶いたてんぷら粉とあらかじめ切った野菜を混ぜ始めたんです!!
一から作ってるんです!!駅そばなのに!!人員足りてないのに!!

そして店員さん、そのおじさんにこう言いました「少々時間いただいてもよろしいでしょうか?」。
そのおじさん不承不承ですが「いいですよ」と。そして私の番が来ましたが同じことを聴かれました。ここは笑顔で「大丈夫ですよ」と……。(あんまり大丈夫ではない)。案の定、私の後にもお客さんが次々訪れて店員さんはプチ・パニック状態に。頼んだ蕎麦が届いたのは10分後、これに乗ろうと思っていた電車が行ってしまった後でした……、というお話(ここは森本レオ風に)。
でもね、店員さんの心中察するに余りあるので、当然せかしたり嫌言をいったりはしませんでしたよ。いやあほんとバカ話で恐縮です。

お次にバトンを渡すのは、この人にBGMを作るときはマッドな曲かど派手な曲と相場が決まっている出本さんです。出本さん宜しくです。

信男さんからバトンが回っていたのに、うっかり忘れていました。めりです。

急に寒くなりましたね。風邪などひいてませんか?
稽古場では換気のためドアを開けてるのですが風が冷たくて、もう1枚羽織る物を持って来ればよかったーと後悔しました(泣)

でもせっかくなので昨日(土曜)の稽古のお話を。

なんと!ウイングフィールドで稽古だったのです。
T-6(テシス)を借りて実寸稽古をした時も、「なるほどこんな感じかぁ」と思ったけれど、今回の稽古はなんといってもウイングですから!ほんまもんですから!
舞台の広さはもちろん、出ハケ口や袖中の広さとか、客席の後ろまで声を届かなくっちゃとか、全部ほんまもんの距離ですからね。

そして5階の楽屋もお借りして、場面場面での衣装を着替えて、小道具も持って、照明のポキさん音響の大西さんが来られて実際の音が入って、なんという贅沢な稽古なのでしょう。
あ、いつも客演で出てくださってる大阪新撰組の古川さんも見学に来てくれました。

贅沢な時間はあっという間にすぎ、あわてて撤収作業をしていると、楽屋の鍵がない!

鍵がないと楽屋が閉めれない!

そう、鍵を持った人物は荷物を運ぶため車を取りに行っていたのです。
鍵持ったままどっかに行く、ウイングあるある。

いや〜電車乗って帰ってたとかじゃなくってよかったよかった

では次は私の旦那さま、音さんお願いします

冷ややかな三日月ではなく、ぽんやりとした膨脹気味の半月を見上げて、各々がまた今夜もJR阪和線の高架下沿いの露地で自分の登場を待っております。
ゆうべの稽古のお話です。
どうも、本多です。
この日は通しでなく、小返し、状況によって場面をとばしたり、また順不同になったりもしつつ、さらに紡ぎ出されるやりとりの質を上げてゆく、そんな時間です。
ただ、ですね。稽古はアトリエの中だけかといえば、さにあらず。
行き過ぎる、帰宅の途に就く学生さんやら、一杯引っ掛けたとおぼしき陽気なお父さんのチラ見を受けながらも、外でコンビで、トリオで、打ち合わせしたり、台詞を合わせたり。
道も含めて同時進行的に稽古しております。
すべては本番に向けて。
さて、本日は会場であるウイングフィールドさんをお借りしての通しを含めての稽古、否が応でも実戦モードに突入です。
物語の中では噂話と、粋な差し入れ、という2つの要素で間接的に繋がっている方、めりさんにバトンを託します。
ではまた!

今日の稽古は役者、スタッフ全員集合!
NGRで初めて美術をお願いする、今井さんも来てくださいました。
みんなで「初めまして」のご挨拶。
順番に自己紹介するなんて、ずいぶんと久しぶりで、和やかで気恥ずかしい時間が稽古場に流れました。

稽古はもちろん?通し稽古。まだまだ、改善の余地ありと、工夫や確認に余念がありません。


「蜜」を避けるため、出番を待つ役者は、稽古場の外で待機。
秋風に吹かれていると、
「あれ、なんだか懐かしい…。」という感じが。
そうか、テント公演の本番中とおんなじじゃん。
あらためて、そんなことに気づきました。

あと10日たつと、もう千秋楽。
毎日のように顔を合わせているメンバーと、また、会えなくなると思うと、淋しい気持ちもよぎっています。

さて、次は。
数々のテント公演もともにしてきた、本多さん。
よろしくお願いします。

気付かぬうちにバトンが回ってきていました。この間、2回のお稽古が過ぎてゆきました。慌ててゆるっと書いています。

どうも、2回目の登場、つぼさかです。

※つぼさかの右目と油断したかまちゃん

22日からの本番を控え、残すお稽古も7回となりました。最近は通し稽古メインになっています。

全体の流れを見ながら、スタンバイのタイミングだったり小道具や衣装の所作だったりを確認、微調整。といった様子です。

さて、サトーさんからのこのバトン。劇中で繋がりがあるとして回ってまいりました。

でも実は、ほぼ台詞を交わすことがありません。ましてや、同じ板に乗ってるタイミングも割と少ないんです。

それでも「繋がりがある」っていうのは、なかなか面白いですよね。これも演劇ならではというか、演劇らしいところです。

今回の作品『おおさむこさむ』は、大半がしっかりめの会話劇です。

それぞれチームと言うか、よく会話するキャラクターがある程度定まっている、という構成になっています。

なんですが!

わたしとサトーさんのように、ほぼ台詞を交わさない・全く台詞を交わさないのに、どこか繋がっていたり・・・、色んなところに色んな接点が散りばめられています。

もしかすると当日パンフに相関図なんかが載るかもしれませんが、無くても、どこがどんな風に絡み合ってるのかを考えながらご覧いただけると、より面白く見られると思います。ぜひ試してみてください。

こんなところで、続いては、これまたわたしと繋がりのある?ひーこさんにお渡しします。

※わたしのお気に入りのシーン。の、ひーこさん。
« 戻る他のキーワードで検索 »