大阪の演劇集団「浪花グランドロマン」のサイトです。

浪花グランドロマン第41回公演「おおさむこさむ」
全てのステージを終了いたしました。

劇場にお越しいただいたみなさま、関わってくれた客演さん、スタッフのみなさま、感染防止でいつも以上に気をつけてくれた受付スタッフのみなさま、ウイングフィールドの福本さん、スタッフのみなさま、そして、気をかけてくださった全ての方に、ありがとうございました。

今回、私たちが初めて顔合わせをした8月中旬、大阪府の新型コロナ感染症の1日の感染者数は2千人を超える勢いで、私自身この座組に参加することについて並々ならぬ覚悟が要ったことを思い出します。それでも私たちは稽古中から消毒や感染予防の取り組みをし、稽古場に巨大な換気装置を設置し、なおかつ通し稽古では密を避けるため出番のない役者は稽古場の場外に(まさに)追いやられ、路上で台詞合わせや段取りの確認をするなど。「コロナに負けるな」の意気込みで前向きに稽古に取り組むことができました。

通常の稽古以上に腐心することの多かったこの作品は、それだけに私にとって愛着もひとしおな作品となりました。
お客さん方に楽しんでいただけたら幸いです。
(響 音次郎)

うおおお!ブログ回ってきたー
めりです

小屋に入ってしまうと、あっという間ですねぇ。ちらほら感想を見ると好評みたいで嬉しいです

今回、台詞はそんなにないんですけど出ている場面が多くて、出るたびに衣装が違って着替えが大変なんです。
着替えが大変っていうのは他の人にもわかってもらえるんやけど、相方の関角も言うてますが階段の昇り降りが大変で、しかも衣装の靴で外の階段を歩くわけにはいかんので、別に外靴を用意してるんです。
この外靴の移動が大変で、次の出番はこっちからやから外靴をこっちに動かしてっていうためだけに階段を1往復。それが出番の数だけ毎回昇り降り。
この移動をなくそうと思ったら、外靴4足用意せなあかん計算に!
楽屋で一緒にいる舞台監督の堀田さんにも「なにしてんのかなって思ってました」っ言われる始末(泣)
もう足が限界なので、せめて明日はもう1足外靴を持っていこう

さてお次は、役柄で繋がりのある人に回したいなーと思うので、NGRのアイドルつげさんお願いします

東風です。
2ステ目終了しました。
こんな時期にご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。客席はとってもあったかです。(場内は換気のため冷えますが)
さて、今回の舞台は公園の藤棚
本当に素敵な藤棚を創ってくださいました。
ただの体育館や部屋が全く違う空間になってしまう驚きは、子どもの頃から。
その中で遊ぶ贅沢に感謝です。ぜひご一緒に。
あと3ステージ、席に余裕もあるようですので、よろしくお願いいたします。
次は、唯一名前で呼ばれる良き嫁、幸恵さん役のめりさん、お願いします。

中日の朝

カテゴリー 稽古場日誌

関角です。初日を迎えて思ったより縦移動がえぐいことがわかって、足がへろへろです。

劇中ではほとんど動かないのに…切ねえ…

努力が報われてるといいなあ…

今朝はみんなでラジオ体操してたんですがその面白写真は撮り損ねました。がーん

そのあとの集合写真でございます。

「おおさむこさむ」楽しく面白くしあがってると思います!

どうぞ本日もよろしくお願いしまーす!

では次は、ブログで名乗らないことで有名(ではない)東風さんへ

今度こそ名乗ってから素敵なブログを綴ってくださいませ。

いつもアイロンがけありがとうございます😭

初日@鎌田

カテゴリー 稽古場日誌

小屋入り前から急に寒くなりましたね…笑

さてついに初日を迎えました!!

ありがたいことです。

今では本番ができるかできないかその日になるまでヒヤヒヤしますが一先ずホッとしております。

たくさんのお客様に足を運んで頂き、楽しんで頂けてるようで嬉しく思います。

ですがまだまだ今日と明日油断せずに走り抜けます!!

本番前、今回相方のつぼさかさんとパシャリ!

(撮影時のみマスクを外しています)

さてお次は関角さん、お願いしますm(_ _)m

エミさんを挟みまして、バトンリレー再開いたしました。

マッドかド派手な曲を引っ提げて2度目の登場、出本です。そんなイメージなのでしょうか、こんなにオトナシイですのに。

それはさておきまして、ほんの一週間ほど前までは半袖でうろつきまわって、「こんな気温でおおさむこさむとか言うのかいな」とか思うような暑さでしたが、タイミングを計ったかと疑うぐらいの寒波。天気さん、やりすぎです。風邪ひきます。

そんなこんなと言ってる間にとうとう迎えました。小屋入り!

照明が吊られ、スピーカーがセットされ、舞台美術が組みあがっていく。

間もなくここに立つんだという高揚感は、何度味わっても新鮮です。

後は観客の皆様をお迎えするのみ。精一杯演じさせていただきます。

さて、いよいよ終わりが見えてきた「おおさむこさむ」ブログリレー。

お次は鎌田さんにお願いしようと思います。彼女とは共演回数も多いのですが重要な関わりがあることが多いです。

果たして今回はどういう間柄なのか。是非劇場でご確認ください。

出本雅博

他のキーワードで検索 »